Compuware はXaTesterを買収し、Parasoftと提携してメインフレームDevOpsチームに必須の自動化されたユニットテストを提供

Topazはさらに、エンタープライズシステムのスピードと品質、効率性を継続的に改善するための代表的なソリューションとしての地位を確立

 

  • 大手企業は、デジタル需要に応じてメインフレームコードをより迅速かつ頻繁に開発し配備する必要性が高まる中、自社のミッションクリティカルなメインフレームシステムの質を厳重に保護する必要があります。
  • XaTesterの買収と新たな機能の向上、Parasoftとの提携により、Compuware Topaz for Total Testは、メインフレームのアジャイル(俊敏性)とDevOpsに不可欠な自動化されたユニットテストを先導するリーダーとしての地位を確固たるものとしています。
  • Topazを使用することで、すべてのスキルレベルの開発者がメインフレーム向けに最高の質のコードを迅速かつ効率的に作成することができ、それにより企業は変化の早い市場で成功を収めるのに不可欠なデジタルアジリティ(俊敏性)を実現できるようになります。

 

デトロイト - 2018718 - Compuwareは本日、製品の買収とTopaz for Total Testの機能拡張、提携を発表しました。これにより、新たなデジタル成果物の迅速かつ安全、効率的な開発と導入に不可欠な、簡素化、自動化されたユニットテストを広範囲に適用することが可能になり、大手企業がアジャイル(俊敏性)とDevOpsを導入する能力が劇的に向上します。

Topaz for Total Testを、すべての主要なメインフレーム環境とプログラミング言語におけるメインフレームユニットテストの自動化のデファクトスタンダードと位置づけるビジョンを実現するため、Compuwareは次の対策を講じました。

  • Xact Consulting A/SからXaTesterを買収。これにより、開発者がCOBOLPL/I、アセンブラで書かれたバッチプログラムとCICSベースのプログラムの両方について、ユニットテストを迅速に作成することが可能になります。CICSは、トランザクション処理技術として、特に重要です。多くの世界有数の大手企業、特に金融機関と保険会社は、その極めて高い信頼性、性能、拡張性を求めてCICSを選択します。
  • Topaz for Total Testの機能を向上し、IMSのバッチアプリケーションとトランザクション用アプリケーション向けに自動化されたユニットテストを提供します。IMSコードを扱った経験が乏しいまたは経験が全くない技術者が多い現状において、IMSのテストは特に重要です。こうした機能拡張により、COBOLで書かれたバッチアプリケーションに対するTopaz for Total Testの既存の機能を補完し、またJenkinsSonarSourceSonarQubeCompuware ISPWなどの代表的なクロスプラットフォームのDevOpsツールとの統合を行っています。
  • ソフトウェア開発のエンドツーエンドのテスト自動化を先導する革新的企業であるParasoftと提携。この提携の最初の成果が、Parasoft SOAtestTopaz for Total Testの統合です。この統合により、メインフレームアプリケーションを扱う開発者は、メインフレームとメインフレーム以外のシステムとの間で、迅速かつ簡単にAPIコールのテストを行うことができます。

Topaz for Total Testは、開発者が慣れ親しんだメインフレーム以外のプラットフォームと同じ種類のユニットテストの機能を、メインフレーム上でも開発者に提供することで、メインフレーム開発を根本的に変革します。ユニットテストは、現代のソフトウェア開発において基本的な要件です。それにより、開発者はコードの潜在的な問題を可能な限り速やかに発見し、より迅速かつ頻繁にソフトウェア機能を段階的に変更し、他の開発者のためによりきめ細かくコードを作成できるようになります。

大手企業にとっては、その結果としてDevOpsツールチェーンが一本化され、それによりメインフレームを含むすべてのプラットフォームでの開発速度が上がり、今日の変化の早い市場でより効率的に競うことができるようになります。

「XaTesterおよびTopaz for Total Testは、DevOpsに不可欠なメインフレームのユニットテストを自動化するために相互に補完し合う2つの素晴らしい製品です。1つのツールとして統合されることで両方の製品の最良の機能が活かされ、お客様環境におけるメインフレームアプリケーションのユニットテストおよび統合テストの作成と実行、自動化のあり方が根本的に変わります。」Steen Brahe、Compuware 製品担当シニアマネージャー(以前はXact Consultingに勤務)。

「ユニットテスト用ソフトウェアであるXaTesterの価値は実証済みです。CompuwareによるTopaz for Total Testとの機能統合の取り組みを嬉しく思います。メインフレームのあらゆるお客様に恩恵をもたらすことができるでしょう。」Elvin Høyer氏、Xact Consulting CEO。

「デジタル経済の新たなルールは、当社の顧客が究極の質で究極のスピードを実現する際のプレッシャーになっています」と、多くのテストを実行しているグローバルITコンサルティングサービス会社であるCPTの副社長のLuke Tuddenham氏は述べています。「本日の発表で、Compuwareは再び、当社の顧客がこの重要な目標を達成するのに役立つ、メインフレームの自動化された革新的なテスト技術のリーダーであることを示しました。」

包括的なソリューションのセットであるCompuware Topazは、すべてのスキルレベルのDevOps専門家に、視覚的に分かりやすい環境を提供します。この環境下においては、年齢や煩雑さや文書の欠落などの問題に拘わらず、あらゆるメインフレームアプリケーションについて効率的に理解を深めて作業を行うことができます。プラットフォームで実行されるアプリケーションの責任が、メインフレームで数十年の経験を有するIT専門家から、JavaC++などの主流な技術に慣れ親しんだ新たな世代のDevOps専門家に移行していることを考えると、この簡素化、合理化されたアプローチは特に重要です。

「RESTSOAP APIは、特にこうしたサービスを使用してメインフレームの能力を活用するにあたり、今日の業務上不可欠なアプリケーションの中核となります」 と、Parasoftの製品担当VPMark Lambert氏は述べています。「APIレイヤーでのテスト自動化は、アジャイルのスピードで高い質を実現するのに不可欠です。Topaz向けのParasoft SOAtestプラグインはメインフレーム開発者に直接APIテストの自動化をもたらし、信頼性と拡張性が高く安全なサービスを提供するのに役立ちます。」

本日の発表は、過去15連続四半期の間、メインフレームのメインストリーム化のために大手企業に役立つ重要な技術革新をCompuwareがお届けしてきたことを示すものです。こうした技術革新を通じ、大手企業はプラットフォームがもたらす比類のないパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性、効率性、安全性をよりよい形で実現することができます。

「大手企業は、クラウドでのデジタル技術革新はメインフレームでのデジタル技術革新と歩みを一にするものでなければならないとの認識を深めています」と、CompuwareCEOであるChris O’Malley氏は述べています。「このメインフレームを基盤とするデジタル技術革新におけるCompuwareの情熱とサポートは比類なきものです。当社は再び、このプラットフォーム上で、アジャイル(俊敏性)とDevOpsのベストプラクティスを実現できることを、この直近の積極的な成果をもって証明しました。」

Compuware Corporation

Compuwareは、世界中の大手企業が高価なメインフレーム投資を十分に活用することによってデジタル経済の中で活躍する力をお届けします。 当社は、メインストリームのスキルを有するITの専門家がメインフレームのアプリケーション、データおよびプラットフォーム操作を管理できるようにする、他社にはない非常に革新的なソリューションを提供することによりこれを実行します。詳細については、compuware.comをご覧ください。

コンピュウェアのフォローはこちらから

###

プレス窓口
Medialinkグループ、Kristina LeBlanc、kristinawleblanc@gmail.com、(508) 930-5636
コンピュウェア広報担当マネージャ、Mary McCarthy、mary.mccarthy@compuware.com、(313) 227-7088

セールスおよびマーケティング情報
Compuware Corporation, One Campus Martius, Detroit MI 48226, 800-266-7892, www.compuware.com.

Copyright © 2018, Compuware Corporation. 無断転用禁止。このリリースに記載されているコンピュウェア製品とサービスは、コンピュウェア・コーポレーションの商標または登録商標です。