本格的なメインフレームアジリティ実現のための10ステップ

クロスプラットフォームのDevOps成功のための段階的アプローチ

デジタルビジネスがバックエンドシステムの機動力となる中、多くの企業がメインフレームに俊敏性が必要であることに気づき始めています。ただ、どこからどのようにして変革を始めればよいのでしょうか。

10 Steps To Mainframe Agilityこの「本格的なメインフレームアジリティ実現のための10ステップ」は、メインフレームの俊敏性を実現するため、柔軟性のある段階的なアプローチの概要をご紹介しています。また、使い勝手のよいDevOpsツール、およびメインフレームアジリティ(俊敏性)を目指す過程で進捗を測るための成功の指標をご紹介しています。

これを読めば、アジャイル実現のために以下のステップが必要な理由がお分かりいただけることでしょう。

  1. 希望の状態を定義する
    何を始めるにしても、まずゴールを決めなければいけません。あなたのチームは今どこにいて、今後どこに向かう必要があるでしょうか。
  2. メインフレーム開発環境の近代化
    時代遅れのメインフレームの「グリーンスクリーン」のISPF環境は、開発者、特に不慣れな技術者の生産性の向上を妨げます。EclipseベースのIDEやTopaz Workbenchのような近代的なインターフェースを取り入れる必要があります。
  3. 自動単体テストの導入
    開発ライフサイクルの先に進む前にアプリケーションの一部分を迅速にテストするには、Topaz for Total Testのような自動単体テストのツールが必要です。これにより、革新的なコード変更を行う開発者の自信を高めることになります。

それぞれの目的、推奨される技術やツールの価値、また変革過程の進捗を見極めるための成功の指標など、上記ステップに加え残りの7つのステップをより深く理解するために、「本格的なメインフレームアジリティ実現のための10ステップ」の完全版をダウンロードしてください。