コンピュウェアは、機械学習、拡張Git統合、およびカスタマイズされたエキスパートサービスにより、クロスプラットフォームCI / CDを進化させます

DevOpsリーダーはzAdviser解析、ISPW Git統合とISPW Sentryサービスによりメインフレームのソフトウェア配信を高速化し、近代化することができます

  

  • Compuware zAdviserの強化された機械学習は、Compuware ISPWのデータを活用して、技術的負債の削減や効率化の取り組みの改善のために優先すべき課題にスポットライトを当てます。
  • ISPW プロモーション分析は、コードプロモーションへの信頼性を高め、モダナイゼーションの構築と展開への道をスムーズにします。
  • Gitとの拡張ISPW統合により、企業全体でCI / CDプラクティスを標準化することで開発体験を向上させます。
  • 新しいISPW Sentryサービスプログラムは、管理サービスのための最も熟練したISPWリソースへのリモートアクセスを提供します。

デトロイト- 2019年6月27日- コンピュウェアは本日、アプリケーション開発および配信チームによる、メインフレームソフトウェアの品質、速さ、効率性を向上し、データ主導の意思決定を可能にする新しいzAdviser分析、ならびに、メインフレームコードパイプラインを近代化するISPWの強化とGit統合を発表しました。

高度な分析機能が信頼を築き 、大きな改善をもたらします

主要なメインフレームの継続的統合/継続的配信(CI/CD)ソリューションであるISPWと、機械学習を活用してメインフレームのソフトウェア開発および配信成果を継続的に改善する弊社顧客向け無料サービスであるzAdviserを活用することにより、高度な分析が実現できます。ISPW使用状況に関する豊富なデータをzAdviserからのソフトウェア配信KPIデータと組み合わせることで、自身のチームの作業状況と、将来のリソースを最も効果的に活用できる配置先を把握できるようになりました。

zAdviserダッシュボードを通じて、ソースコードの変更における制約を視覚化し、以下のような課題を解決しながら、ビジネス要件と顧客要件をより良い形で満たすための開発努力に注力することができます。

  • どのモジュールが技術的負債の最大の原因となっているか?
  • コードの活性化とリファクタリングの取り組みに集中する必要があるのはどこか?
  • 改善されると将来のフローの改善に最大限良い影響を与える可能性がある制約はどこにあるか?

より多くの洞察に満ちた開発者の生産性の高いデータは、チームが以下のような問題を解決するのに役立ちます。

  • コードの開発とテストにどのくらいの時間がかかるか?
  • 本番移行の準備が完了したコードが本番環境へ移行されるまでどのくらいの時間がかかるか?
  • コードが最初にチェックアウトされてから本番移行されるまでの時間差はどれほどか?
  • 回帰とフォールバックは開発フローにどのように影響するか

「現在の状態を測定するzAdviserの機能により、ハードデータに基づいて意思決定を行い、ソフトウェア開発と配信方法を改善することができます」と、Pacific Life Insurance Companyのメインフレームアプリケーション担当ディレクターであるティナ・ジョンストンは述べています。

zAdviser、ISPWを使用することにより、技術的な負債の原因となっているコードを特定し、プラットフォーム上で重要なメインフレームコードを再活性化してリファクタリングするか、または廃止されたコードを排除するなどの早急かつ最適なアクションを決定することが可能になります。これにより、自信を持って品質や速さや効率性の大きな改善につながる小さな一歩を踏み出すことができます。

ISPWで迅速に構築し展開する

ISPWは、何十年もの間メインフレーム市場には見られなかった勢いで、新規顧客の興味と関心を引き付けています。その理由は、過去14四半期にわたって継続的に提供されてきた革新的で望ましい開発体験に見ることができます。

ISPWは、DevOpsのライフサイクル全体を通じて、メインフレームコードパイプラインの安全性、安定性、および合理化を独自の方法で実現します。拡張されたプロモーション分析機能により、ISPWは自動的に依存関係を特定し、膨大な数のコンポーネントを自信を持って展開できるようにします。

たとえば、コピーブックが変更された場合、コンパイルされてプロモーションの準備ができているすべての関連プログラムを、展開前に確認することができます。開発チームは、見落とされているコンポーネントやその他の問題をライフサイクルの早い段階で発見することができ、CI / CDプロセスの下流で問題を回避できます。これにより、メインフレーム上およびクロスプラットフォームの取り組みにおいて、最終的に構築と展開のスピードが加速されます。

ISPW Git統合により開発体験が向上

コンピュウェアの継続的なDevOpsへの「オープンボーダー」アプローチにより、メインフレーム中心のツールを、最適な複数ベンダーのクロスプラットフォームであるDevOps ツールチェーンに統合することができます。このアプローチに沿って、コンピュウェアは、多くの分散系開発チームにとっての最適なバージョン管理ソフトウェアであるISPWとGitの拡大された統合を発表しました。

この統合により、メインフレーム経験が浅い開発者でもメインフレームのソースコードを自信を持って取り扱うことができます。Gitの変更は、ISPWの自動ビルド、デプロイ、およびフォールバック機能をCI / CDパイプラインで活用できるメインフレームに自動的に同期されます。すべてのプラットフォームですべてのコードに一貫した方法を採用することで、多様なコードベースを一貫して可視化し、企業全体でコードを管理するプロセスを容易にします。

「メインフレーム・アプリケーション固有の技術的負債を削減することは、CI / CDパイプラインにメインフレーム・アプリケーションを組み込もうとしている組織にとって不可欠です」と業界アナリスト企業Intellyxの社長ジェイソン・ブルームバーグは述べています。「zAdviserの新しい分析と、ISPWなどの最新のメインフレームCI / CDツールおよびそのGitとの統合により、メインフレーム開発を他のDevOpsの取り組みから切り離しているサイロを解体することができ、技術的な負債を削減して、メインフレームに対するCI / CDのスピード、品質、およびコラボレーションの利点を向上させることができます。

新しいISPW Sentryサービス

コンピュウェアは、ISPW技術リソースのエキスパートとISPWをサポートする実証済みのベストプラクティスを支援する カスタマイズされたエンドツーエンドのサービスを提供しています。

Sentryサービスプログラムは、保守、アップグレード、および拡張サポートサービスに関する専門家による支援のために、最も熟練したISPWリソースへのリモートアクセスを提供します。このプログラムにより、既存管理コストのほんの一部で、世界でも最高レベルのSLAを満たすことをお約束します。

コンピュウェアが、メインフレーム顧客にソフトウェアの配信速度、品質、および効率性を改善するために早急に必要な機能を連続して提供してきてこれで第19四半期目となります。

「メインフレーム・ソフトウェアの配信を高性能の状態へ近代化することは絶対に達成可能です」とコンピュウェアの最高経営責任者(CEO)クリス・オマリーは述べています。「企業は、望ましい開発体験を可能にし、手動プロセスの制約を自動化し、クラス最高のツールと統合し、速さ、品質、効率性の高いソフトウェア配信KPIに感化されリードされる継続的な改善の文化を助長させることで、最も重要なバックエンドプラットフォームを変革できます。」


Compuware Corporation
Compuware(コンピュウェア)は、世界の大手企業が高価なメインフレームへの投資を十分に活用することによって、デジタル経済の中で活躍する力をお届けします。当社は、メインストリームのスキルを有するIT専門家がメインフレームアプリケーション、データ、およびプラットフォームの操作を管理できるようにする他社にはない非常に革新的なソリューションを提供することにより、これを実現します。詳細については、compuware.comをご覧ください。

当社のフォローはこちらから:

###

プレス窓口

Kristina LeBlanc, The Medialink Group, kristinawleblanc@gmail.com, (508) 930-5636

Mary McCarthy, 広報担当マネージャー, Compuware, mary.mccarthy@compuware.com, (313) 227-7088

 

販売およびマーケティング情報

Compuware Corporation, One Campus Martius, Detroit MI 48226, 800-266-7892, www.compuware.com.

 

Copyright © 2019, Compuware Corporation 無断転用禁止。このリリースに記載されているCompuwareの製品およびサービスは、Compuware Corporationの商標または登録商標です。